パソコントラブルの解決法|外付けhddが認識しない時は業者に相談

メンズ

パソコンの記録容量を増設

ハードディスク

ケーブルでつなぐだけ

パソコン上で作成した文書や画像など、企業にとって大切な情報を残しておきたい時は、通常はそのパソコン内にあるハードディスクドライブ、略してhddと呼ばれる記録装置内に保存します。このhddは通常、100〜800GBぐらいの容量があり、デスクトップ型であればさらに増設も可能です。しかしそれにも限界があります。また、ノート型の場合は専門知識がなければ事実上増設は不可能です。ただ、外付けhddを利用すれば、内臓hddの容量を上回るデータを手軽に保存することが可能です。外付けhddとは、パソコンの記録装置のみが独立したパーツとなっている周辺製品です。ケーブルで接続するだけで簡単に使用でき、記録容量を大幅に増やすことが可能になります。

簡単に持ち運べるものも

外付けhddにはさまざまな種類がありますが、現在主流となっているのはUSBケーブルで接続するタイプです。初期化等は必要なく、購入してケーブルをつなげばすぐに使えるようになっています。容量はおおむね価格に比例します。2,000〜3,000円クラスのものであれば100〜200GB程度ですが、1万円を超えるクラスだと数TBという大容量のものもあります。パソコン内部のデータをそっくりコピーして、バックアップ用とすることも可能です。外付けhddには据置型だけでなく、ポータブルタイプもあります。容量当たりの単価は据置型より高めですが、自主電源が要らず、持ち運びに便利です。USBメモリやSDカードなどの外部記録メディアと同じ感覚で使えます。一方、hddには認識トラブルが発生する場合があります。物理障害などの原因によって、外付けhddを取り付けてもパソコン側が認識してくれないのです。OS側が故障を認識すると警告文が画面に表示されます。それを受けて外付けhddを利用する企業は問題に気付くことができます。そういった認識トラブルに対応しなければならない場合は、専門業者への依頼が最善でしょう。

オフィス

データを元に戻す

特に中小企業において業務で利用するデータをバックアップすることが少なく、万が一の時にデータ復元業者を利用することが多いのです。データ復元技術は年々向上していき、さらにその実績も蓄積されていますので、企業においても利用しやすくなっているのです。

ファイル

セキュリティー重視の仕様

自社サーバーを利用してファイル送信を行えるようにすると容量の大きなファイルも外部サーバーを経由することなく送信することができます。高いセキュリティーを確保できるのがメリットであり、専門業者に依頼するとサーバーの起ち上げや社内サーバーの変更による導入が可能です。

ファイル

共有で活用

IT化の現在、会社の業務はほとんどパソコン1つで行なうのが殆どです。パソコンで作成されるファイルは共有することで非常に大きな効果があります。ファイル共有のためにはファイルサーバーを構築するのが一般的です。ネットワークの設定などには専門知識が必要です。利用する目的としては複数人が同時に同じファイルにアクセスできるからです。